« Dフォークの本の内容 | トップページ | Bヘイウッド(ブログやってます) »

Bグラント(パーキンソン病)

リンク: Former NBA star Brian Grant deals with diagnosis of Parkinson's disease - ESPN.

"I have young onset Parkinson's," he said."My greatest fear," he said, "is losing control of me. Having someone have to take care of me. But that was at the beginning."

"I hadn't been in front of a crowd that big since I retired," he said. "I kept trying to think about how I could disguise my hand. And I knew the players were going to see it and wonder what was up. That's what bothered me the most. I did not want to be perceived by the players as weak."

"I had people saying they'd heard I was debilitated, like in a wheelchair," he said. "I finally decided, 'I need to get in front of this.' Maybe there's somebody who is in their 20s and has young onset and is scared. We're all going through this together. I'm just stepping into it. But now I'm ready to step into it. This has given me a purpose.

ブレイザーズなどでプレーしたブライアン・グラントは、パーキンソン病にかかっていることを告白。外見は選手時代とあまり変わっていないが、去年の夏から左手の震えが止まらない模様。医師二人に見てもらい、食事管理にも気を払い、今のところ少し症状が軽くなった模様。告白しようと決意したのは、Mアリの家族やMJフォックスとの話し合い、最近ガンで亡くなったティスデイルなどがきっかけ。以下、彼のコメント。

グラント「若年発症のパーキンソン病にかかっている。」

「自己管理ができなくなるんじゃないかというのが一番恐れていることだ。誰かの手を借りないといけなくなる、ということもだ。」

「ティスデイルは俺がルーキーの時に(キングスで)いろいろ助けてくれた。最後まで前向きな人だった。彼が亡くなったことを聞いて、彼の闘病の様子を思い浮かべた。そして思った。「俺がしなくてはいけないことはなんだ?・・・立ちあがって、男らしくなることだ」と。」

「引退後はこれほど多くの人の前にでないようにしていた。左手の震えを隠すようにしてきた。見られたら「どうしたんだろう」と思われるから。それが一番困っていたことだ。選手たちに弱者扱いされたくなかった。・・・俺が車いすに乗っている、とか体がおかしいんじゃないかという噂が流れていると聞いたので、発表することにした。俺と同じ病気の20代の人もいて、怖さを感じているだろう。みな同じ体験をしている。(闘病の発表を)始めたばかりだが、心構えはできた。今後の目的もできた。」

今後は闘病の様子をサイトTwitterで報告していく予定の模様。

|

« Dフォークの本の内容 | トップページ | Bヘイウッド(ブログやってます) »

コメント

病気の事 初めて知ってとても驚いた
少しでも 症状が改善する様 いのってます
コートの中で カッコ良かった

投稿: くま50 | 2013年5月29日 (水) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80545/45066470

この記事へのトラックバック一覧です: Bグラント(パーキンソン病):

« Dフォークの本の内容 | トップページ | Bヘイウッド(ブログやってます) »